禁煙ブームです。今までヘビースモーカーだった方も健康を気遣い1本もタバコを吸わない生活をしています。また近年、健康ブームなのもあり体に悪いタバコを最初にやめる人がとても多いようです。こちらでは禁煙した方の健康になった話題を提供します。

禁煙中の男性の写真

禁煙と食事について

禁煙を成功させるのが難しい原因のひとつとしては、禁断症状が挙げられます。これはニコチンが体から抜けきるまでの間に出てくる、ニコチン依存に対する精神的、肉体的な症状です。人によって出てくる症状やその程度に差はありますが、非常に辛いものですので、これを上手に制するのが禁煙を成功させる秘訣とも言えます。実はその秘訣には、食事が大きく関係しているとも言われています。実際、米国の保健機関によって、野菜や果物を食べるとニコチンを渇望する体を落ち着かせることができると言う発表もなされています。これは25歳以上の禁煙希望者1000人を対象にした調査によって、1日に4回以上、野菜や果物を食べる人は、食べる回数が1日2回以下の人に比べると、禁煙成功率が3倍ほど高いと言う結果が明らかになったことから出された発表です。何故、野菜や果物がニコチンに対する依存度を低くするのか、その詳細は明らかにされていません。しかし考えられる理由として、まずは野菜や果物には食物繊維が豊富に含まれているため、その満腹感によってタバコを吸いたいと思う気持ちを紛らわすことができると言うことが挙げられます。そしてタバコの味と、野菜や果物の味は相性が悪いため、野菜や果物を食べるようになると、自然とタバコの味を不味く感じるようになるためと言うのも、理由のひとつと言われています。また野菜や果物は血流を促進させることによって、血流をきれいにする作用があるため、それによってニコチンが体から抜けるのが早くなると言うのも理由ではないかとされています。タバコとの相性と言う点で言えば、コーヒーやアルコール、そしてお肉は相性が良いと言われています。ですから、たとえばコーヒーを飲みながら、あるいは週末、焼肉屋に行ってアルコールと共にタバコを吸う習慣があった人は、まずはそれらの食べ物を断つ、目に入れないようにするのも工夫のひとつかもしれません。