禁煙ブームです。今までヘビースモーカーだった方も健康を気遣い1本もタバコを吸わない生活をしています。また近年、健康ブームなのもあり体に悪いタバコを最初にやめる人がとても多いようです。こちらでは禁煙した方の健康になった話題を提供します。

禁煙中の男性の写真

禁煙とアルコール依存の脱却促進に精神ケアと啓発本

ニコチン依存症とアルコール依存症はとても恐ろしい問題です。
既に日本人の間でも、そういった悩みを抱える人々が現れています。
タバコやアルコールは少量であれば、むしろ健康に役立つと言われていますが、平均的な量を過ぎれば、心身に害を与える毒となります。
ただ自ら進んでヘビースモーカーやアルコール依存症になる人々はいません。
そういった状態に陥るには、必ず深刻な理由があるはずです。

アルコール依存症になりやすい人は、どちらかと言うと元々メンタルで繊細で優しい人物が多いです。
お酒をたくさん飲む人と言えば、豪快な人物といったイメージがありますが、実際は真逆なのかもしれません。

また禁煙が長続きしない方も、精神的な悩みを抱えている事が多く、
禁煙外来病院と同時に精神的なケアが受けられるクリニックに通った方が良いでしょう。
恋人や家族に関するストレスから禁煙が長続きしない事例も多く、うつ病と同時に多量喫煙の症状を抱える若者もいます。

ただ、ストレスの程度が低い場合であれば、個人レベルのケアでも十分です。
書店に並ぶ啓発本を使えば、自分自身の手で自らをカウンセリング出来ます。
人間関係の悩みは啓発本を読む事で緩和されます。
今、自分自身が置かれている状況を客観的に捉え、最悪だと思っていた環境を「それ程悪くない」とリフレーミング出来れば、自然と禁煙やアルコール依存からの脱却が可能です。

啓発本には色々な種類がありますので、自分自身との相性が良い作者を探しましょう。
啓発本には主に二種類の系統があり、「これをすべきだ」というコーチング系の本と、
「そんなに悩む必要はありません」という癒やし系の本があります。
それぞれ向き不向きがありますので、まずは書店で中身を確認し、自分の性格に合ったものを比較検討しましょう。