禁煙ブームです。今までヘビースモーカーだった方も健康を気遣い1本もタバコを吸わない生活をしています。また近年、健康ブームなのもあり体に悪いタバコを最初にやめる人がとても多いようです。こちらでは禁煙した方の健康になった話題を提供します。

禁煙中の男性の写真

施設基準に達してる病院の禁煙治療で肺がんのリスク減

喫煙の危険性は、肺がんなどの発症のリスクが上昇してしまうことなどで知られています。
肺がん以外にも呼吸器疾患などの発症率が高まることによって、体への健康被害が大きいものと考えられています。
肺がんの発症リスクについては、喫煙者だけではなく、副流煙を吸った周囲の人にも影響を及ぼす点においても危険性が指摘されています。
喫煙によって引き起こされる健康被害を予防するには、禁煙が最も効果的な方法であることがわかっており、世界的に禁煙を推奨していく流れになっています。
日本においても喫煙はニコチン中毒である病気と考えられるようになり、医療機関で治療することが可能です。
医療機関の中には禁煙外来の設置が進んでおり、禁煙外来のあるところであれば専門的な治療を受けることや、禁煙補助剤の処方をしてもらうことができます。
施設基準を満たしている病院であれば、禁煙治療について健康保険が適用されます。
したがって、禁煙治療を受ける病院を選ぶときには、施設基準を満たしているかどうか確認しておく必要があります。
施設基準を満たしている医療機関で禁煙治療を行うことによって、チャンピックスなどの処方が3割負担で受けられますので、経済的な負担を軽減しながらタバコを止めることが可能になります。
チャンピックスを服用する治療については、12週間の継続を行う必要があり、一定の費用がかかってしまうことから保険が適用される病院を選択することで、継続的な治療を受けやすくなるメリットがあります。
チャンピックスには、タバコを止めたときに発生する離脱症状を緩和させる作用があるので、タバコを止める確率が他の治療方法と比較したときに大幅に高くなると言われています。