禁煙ブームです。今までヘビースモーカーだった方も健康を気遣い1本もタバコを吸わない生活をしています。また近年、健康ブームなのもあり体に悪いタバコを最初にやめる人がとても多いようです。こちらでは禁煙した方の健康になった話題を提供します。

禁煙中の男性の写真

子どもの健康を守るためにも禁煙・胃がんのリスク

家に喫煙者がいると、子どもにまで受動喫煙の被害が出る可能性があります。
例えば、気管支炎や肺炎などの呼吸器感染症になったり、喘息を起こしたり悪化させてしまうこともあります。
喫煙者本人と同様に、子どもに喘鳴、咳、息切れ、などが起こることもあります。
また、妊婦がタバコを吸っていると、乳幼児突然死症候群(SIDS)が起こる危険性もあります。
最近のデータでは、たとえ母親がタバコを吸っていなくても、夫の喫煙本数が多いと受動喫煙の害で子どもの健康被害が大きくなるということが報告されています。
これに対して、空気清浄機を使うなどの方法もありますが、これで全て有害物質を取り除けるわけではないので、家族のことを考えるならば禁煙が必要です。
喫煙は、周囲に受動喫煙で被害を与えることも含め、自分自身にも大きな被害をもたらします。
例えば、胃がんのリスクが上がります。タバコが原因で起こるがんは肺がん、というイメージがありますが、タバコの煙が直接触れない場所でも、喫煙による有害物質が血液を通して流れて、胃がんなどが起こることもあります。胃がんは早期発見すれば治るがんと言われていますが、症状が進行していると命の危険性もあるがんです。
胃を切除しなければいけなくなり、一生満足に美味しいものが食べられなくなってしまうこともあります。
このような危険を知った上で、禁煙に取り組むようにすると成功率が上がります。
周りの人に「今日から禁煙する」と宣言してみたり、タバコとライターを捨てるなど環境から変えてみたり、タバコを吸いたくなったら歯磨きする、ガムを噛む、など自分なりの回避方法を見つけておきましょう。
何よりも、家族や将来生まれてくる子どものためと考えると成功しやすくなります。